栄(エイ)・ 栄(エイ)・栄(エイ)

栄(エイ)・ 栄(エイ)・栄(エイ)

女性建築家によりオトコマエにデザインされた『北久米の家』の地鎮祭が、

施主様ご家族、ご親族、建築家(設計者)、日吉産業(施工)の関係者が

集まり厳粛に執り行われました。

小雨の降る中の地鎮祭となりましたが、「雨が降って地固まる」ということで

ポジティブに縁起のよい地鎮祭でした。

地鎮祭のクライマックスである鍬入れの儀式では、施主様ご家族全員で一緒に

鍬を持ち、栄(エイ)・栄(エイ)・栄(エイ)の大きなかけ声とともに

ご家族の益々の反映と工事の安全を祈願することができました。

お施主様ご家族にとって、家族みんなで行った鍬入れの儀式から始まる

これからの新築工事がずっと楽しい家づくり思い出になりますように、

日吉産業(HAS)関係者一同、想いを込めて工事を進めて参りたいと思います。

お施主様、地鎮祭おめでとうございます。乾杯。

渡辺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です